既卒が就職するためのおすすめ特集

*

高卒で就職活動をする場合は応募条件をよく読む

   

求人広告を閲覧する際は隅々まで目を通す

 就職活動の選考において、一般的な企業では大学を卒業している人が優遇されています。高校卒業という最終学歴の場合、慎重に行動するように気をつけていないと、内定をもらうまでの時間が長くなってしまいます。多くの求人広告を閲覧することになりますが、しっかりと隅々まで目を通し、高校卒業で応募しても不利にならないかを確認しなければなりません。

志望動機や自己PR欄の書き方で印象が変わる

 履歴書には、応募する企業を志望した動機、自己PRを記入する欄があります。高校卒業などの不利な条件の人は、このような欄に記入する内容を充実させることで、採用担当者からの評価を高めることを考える必要があるのです。特に、志望動機は学歴とは関係のない部分なので、高校卒業の人でも充実させることが容易です。書き方に自信のない人は、専門のキャリアカウンセラーに相談したり、添削してもらったりすると、良い応募書類が作成できます。

面接では自分を積極的に売り込む

 面接を受けることになったら、臆することなく自分をアピールしていくことが大切です。本気で入社したいという気持ち、熱意を示すことができれば、学歴が低くても、しっかりとした評価を受けることができます。大きな声ではっきりと話をして、面接担当者に採用したいと思わせるようにしていくことが重要なのです。

 - コラム

  関連記事

no image
仕事の経験を積むことで就職の風向きが変わります

雇用形態よりも仕事の中身  不景気などの社会的な先行きの不安感が元になって、「正 …

no image
第二新卒だからこそ、ビジネス感覚をアピールせよ

第二新卒だから悪いわけではない  就職活動をしていると、何も知らない就職活動をし …

no image
履歴書は必ず力を入れて丁寧に

あまり書くことがなくても  高卒での就職活動となると、あまり履歴書に記入すること …

no image
中卒で就職を目指す場合のポイント

学歴を問わない職種  中卒で就職を目指す場合には、学歴を問わない企業への応募をす …