既卒が就職するためのおすすめ特集

*

身につけるべきマナーとは

   

「マナー」を身につける

 面接ではマナーが存在します。そのマナーとは面接中だけでなく始まる前と終わった後にも存在するのです。マナーが守れないとマイナスの印象を与えてしまうので、面接前にこれらのマナーについて理解しておかなくてはいけません。

 しかし、ここでしておきたいのが「面接」のマナーだけでなく「ビジネス」のマナーも身につけておくことです。現にビジネスマナーは面接のマナーに通ずるものがあり、ビジネスマナーが分かれば、自然と面接のマナーを身につけることができます。何より身につければ採用されて入社した際にも失礼の無いように振舞えるため、企業からの初期の印象をよくすることもできます。

マナーを守るべき存在

 面接のマナーを守るべきなのは何も自分だけではありません、それは企業側も同じことです。最も面接を受ける側からすると相手の企業が面接で守るべきマナーは分からないかもしれませんが、実際に面接をして疑問を感じたり、不快なものを感じたらマナー違反をしている可能性があるでしょう。先ほども書いたようにビジネスマナーは面接のマナーに通ずるものがあると書きましたが、その逆も然りです。

 早い話が面接でマナーを守れない企業は企業体質として何かしら問題があると考えてもいいでしょう。それを軽いものと見るか重いものと見るかは浮ける本人次第ともなりますが、それも「企業」を見る目安となるのです。

【関連記事】
既卒が面接で聞かれる質問は
既卒が面接でする自己紹介

 - 面接

  関連記事

既卒が面接で聞かれる質問は

既卒になった理由    当然のことながら既卒であれば既卒になってしまった理由はほ …

既卒が面接でする自己紹介

自己紹介の構築方法  面接の最初に自己紹介を促されることが多いです。自己紹介はあ …