既卒が就職するためのおすすめ特集

*

第二新卒だからこそ、ビジネス感覚をアピールせよ

   

第二新卒だから悪いわけではない

 就職活動をしていると、何も知らない就職活動をしている新卒者がきらきらして見えるかもしれません。しかし、第二新卒の人だって沢山参加してきています。それに、採用企業からしてみれば、新卒だろうと既卒であろうと会社のために頑張ってくれるなら卒業した年というのはさして問題なかったりします。

ただし、注意は必要

 しかし、やはりすでに大学なり卒業しているわけですから、新卒よりもハードルは高いと思った方が良いです。よく就職浪人という選択をとることがありますが、それだけだとわがままな印象しか与えません。なぜ、すぐに就職することを選ばなかったのかを説明できるようにしておいた方がスムーズに就職活動を進めることができます。

もちろん、ビジネスマナーは基本

 それと、あまり社会人経験がないとはいえ、ビジネスマナーはチェックされることが多いです。採用側に×をつけられるのを避けるためにも基本はしっかりマスターしておく必要があります。その上で、新卒者にはない自分の経験を語ることができれば、採用してもらえる可能性はぐっと高まります。とにかく、新卒者へのコンプレックスを捨て去り、自分の強みをアピールすることが、就職成功のカギになります。

 - コラム

  関連記事

no image
履歴書は必ず力を入れて丁寧に

あまり書くことがなくても  高卒での就職活動となると、あまり履歴書に記入すること …

no image
中卒で就職を目指す場合のポイント

学歴を問わない職種  中卒で就職を目指す場合には、学歴を問わない企業への応募をす …

no image
高卒で就職活動をする場合は応募条件をよく読む

求人広告を閲覧する際は隅々まで目を通す  就職活動の選考において、一般的な企業で …

no image
仕事の経験を積むことで就職の風向きが変わります

雇用形態よりも仕事の中身  不景気などの社会的な先行きの不安感が元になって、「正 …