既卒が就職するためのおすすめ特集

*

既卒が面接でする自己紹介

   

自己紹介の構築方法

 面接の最初に自己紹介を促されることが多いです。自己紹介はある意味では本人の口から「自分」というものを紹介してもらうことであり「言葉で自分の紹介をすることができるのか」を見るためのものでもあります。内容としては自分の名前を始めとして、卒業した学校、特技や趣味、今頑張っていることと幾つか話すことがありますが、単に話すだけでなく説得力と印象を持たせるような内容にしましょう。

 例えば頑張っていることを話すのであれば「何故」「どのように」を基準にして考えていくのがいいです。曖昧ではなく明確性も内容には必要であるため、相手にしっかりと伝わるように構築しましょうる

決まっていない自己紹介

 自己紹介は自分の紹介をするものです。ということは言うべき内容自体は本人の自由ということになります。そのために「これは自分の紹介になる」というものであれば、それを組み込んでいいというわけです。もちろん内容によってはマイナスになってしまうこともありますが、決まったことを言うよりもプラスになる可能性もあるため言う意味はあります。

 既卒となると、やはり「自己主張」もある程度他の立場と差をつけるために必要なものとなります。「個性」を出すことも忘れてはいけないのです。

【関連記事】
身につけるべきマナーとは
既卒が面接で聞かれる質問は

 - 面接

  関連記事

既卒が面接で聞かれる質問は

既卒になった理由    当然のことながら既卒であれば既卒になってしまった理由はほ …

身につけるべきマナーとは

「マナー」を身につける  面接ではマナーが存在します。そのマナーとは面接中だけで …