既卒が就職するためのおすすめ特集

*

既卒が書く志望動機は

   

前向きさを出す

 既卒となると企業側もそこまでいい顔をせずどちらかというとマイナスのイメージが最初に出てしまいます。そのために「すぐに辞めたりしないか」「長続きできるか」とフリーター等と同じような印象が先入観として出てきてしまいます。

 そのために志望動機を書くのであれば、その不安を払拭するように前向きな内容にするのがいいでしょう。具体的には「ここまでがこうだったから、就職して仕事でこうしたい」と伝えられるような内容です。

何故そこで働くか

 しかし、単純に前向きさを出すだけで採用を勝ち取れる程就職は甘いものではありません。内容が終始精神論のようなものになっているのであれば、残念ながらそれはあまり効果がないといえるでしょう。やはり志望動機を書くのであれば「自分がこうなので、この企業で働きたい」ということを論理的に説明する必要があります。ネットの仕事に携われるのであれば、ネットが好きで、ネットの技術を持っているので、といった感じです。

 また、職種だけに限るとその企業である理由が薄れてしまうため、その企業に関連する事柄も加えて書いていくようにしましょう。実際にその企業を選んだのであれば、何かしら理由があって選んだはずです。それを書いていけばいいのです。

【関連記事】
既卒の履歴書の書き方
既卒が書く自己PRの内容は

 - 履歴書の書き方

  関連記事

既卒が書く自己PRの内容は

アピールできることは何か  自己PRは自分のアピールできることを書いていく欄です …

既卒の履歴書の書き方

「基本」は書けるか  既卒で履歴書を書くのであれば、まずは「基本的な書き方」がで …