既卒が就職するためのおすすめ特集

*

就職を決めても安心はできない?新入社員を待ち受ける試用期間とは一体?

   

試用期間中は正規雇用?非正規雇用?

 就職活動に精を出していれば、いつかはどこかの会社に入社できるかもしれません。しかし、そこからが本当の勝負の始まり。特に試用期間中はしっかりと気合いを入れて、業務にあたるよう心がけましょう。

 試用期間という言葉からどのようなことをイメージするでしょうか。お試し入社的なイメージを思い浮かべますか?もしかしたら、試用期間中は非正規雇用で、それが終わったら正規雇用になれると思っている人もいるかもしれません。

 それは大きな勘違い。正規雇用の募集をして採用したのであれば、企業は試用期間中もその人を正規雇用として契約し雇わなければならないのです。

入社後14日間の注意点について

 試用期間が3ヶ月だろうが6ヶ月だろうが、入社直後の14日間の働き方には十分に気をつけましょう。それ以降も一生懸命働かなければなりませんが、この最初の14日間は特に気を付け、遅刻があったり欠勤があったりなどは避けながら、ミスがないよう丁寧な働き方を心がけてください。

 なぜなら、入社後14日間は即時解雇ができるからです。もちろんどんな理由でもできるわけではありませんが、労働者への事前通告なども必要としないため、「適性がない」と判断されれば、すぐに辞めなければならなくなる可能性があるので要注意です。

もし解雇を言い渡されてしまったら

 入社後14日間だけではなく、試用期間中にもし解雇を言い渡されてしまったら、その理由について必ず会社に確認しましょう。そこには必ず理由があるはずですし、会社側はそれを労働者に伝える義務もあります。

 もしその理由をハッキリと言ってくれない、もしくは、聞いてもどうも納得ができないということであれば、そのことについても会社側に訴えましょう。試用期間は簡単に解雇をできる期間というわけではありません。納得がいかなければ泣き寝入りすることがないよう、徹底的にコミュニケーションを取るなり、解雇の撤回を申し入れるべき。

 そのくらい試用期間中の解雇というのは大きな問題のため、安心して働くためにも、こうしたことは知っておいた方がいいでしょう。

【関連記事】
既卒で入社が決まったら
入社後の肝心な挨拶は
入社式でする自己紹介の内容は
既卒者が初出勤までにしておきたいこと

 - 入社準備

  関連記事

既卒で入社が決まったら

入社の際に必要な書類は  内定をもらって入社が決まったら就職活動は終わりますが、 …

既卒者が初出勤までにしておきたいこと

定期的に採用担当者と連絡をとろう  既卒者が正社員就職が決まったら、入社日までに …

入社後の肝心な挨拶は

1日の始まりは挨拶から  挨拶は仕事が始まって一番最初にするものです。ということ …

入社式でする自己紹介の内容は

入社式でする自己紹介  面接の時と違い入社式の場合には内定云々関係なしに自己紹介 …