既卒が就職するためのおすすめ特集

*

入社後の肝心な挨拶は

      2015/10/20

1日の始まりは挨拶から

 挨拶は仕事が始まって一番最初にするものです。ということは入社してすぐの挨拶は企業側の社員の印象を決めるものとして重要なものとなります。相手側がしなくても自分から積極的に接触して挨拶をするように心がけましょう。相手によっては返してくれないかもしれませんが、挨拶されて気を悪くしない人はいないため、心証は悪いようにならないはずです。

 企業の規模によっては全ての社員の方へ挨拶をするのは難しいことになりますが、その場合にはせめて自分が入社をして確認できる範囲にいる人に挨拶をしていくようにしましょう。できなかった場合には入社日ではなく接触できる時に改めて挨拶をするようにしましょう。

 ポイントとしては最初だけ挨拶をすればいいというだけでなく、今後も継続してやることです。それが挨拶でいい印象を持たせるための行動だからです。

ただすればいい、というわけではない

 しかし相手によっては時と場合によっては話しかけられると都合が悪いという人もいるでしょう。その場合には無理に挨拶しようとせずその人が大丈夫な状態となったら改めて挨拶をするようにしましょう。

 そのためにはただ挨拶をするだけでなく、相手の状態も見て挨拶をすべきかどうかも考える必要があります。相手のことも考えないでの行動は仕事をしていく際で様々な問題が出る可能性が高いため、この挨拶という概念でそれをしないように判断力を身につけていきましょう。

【関連記事】
既卒で入社が決まったら
入社式でする自己紹介の内容は
既卒者が初出勤までにしておきたいこと
就職を決めても安心はできない?新入社員を待ち受ける試用期間とは一体?

 - 入社準備

  関連記事

入社式でする自己紹介の内容は

入社式でする自己紹介  面接の時と違い入社式の場合には内定云々関係なしに自己紹介 …

既卒で入社が決まったら

入社の際に必要な書類は  内定をもらって入社が決まったら就職活動は終わりますが、 …

就職を決めても安心はできない?新入社員を待ち受ける試用期間とは一体?

試用期間中は正規雇用?非正規雇用?  就職活動に精を出していれば、いつかはどこか …

既卒者が初出勤までにしておきたいこと

定期的に採用担当者と連絡をとろう  既卒者が正社員就職が決まったら、入社日までに …