既卒が就職するためのおすすめ特集

*

仕事の経験を積むことで就職の風向きが変わります

   

雇用形態よりも仕事の中身

 不景気などの社会的な先行きの不安感が元になって、「正社員での就職」を求める空気が非常に大きくなっています。しかしながら、正社員という雇用形態だけにこだわって色んな要素を見ようとしないというのは、あまり得策ではありません。人生は長いですから、ずっと同じ会社に勤めるという視点よりも、これからの自分のキャリアにこの会社は役に立つかどうかという視点で見るということが重要です。つまり、会社は一過性の場所であると考えることがこれからの時代には非常に問われる考え方で、同じ仕事をずっと続けることは、今の社会状況から見てまずありえません。社会の変化(仕事の変化)に柔軟性を持って対処できる人こそが勝ち残る社会なのです。

経験を積む中で仕事が選べるようになる

 ですから、最初のうちは自分の望む企業や職種などにたどり着けない場合もあるかもしれません。しかし、その次の会社では理想に近づけるかもしれませんから、最初の就職活動が目的と違う企業に行き着く結果になったとしても、長期的な視野を持つことで今自分が何をするべきかを逆算しながら、会社を選ぶとそうした不満などが和らぐことでしょう。まずは経験を積むことから始めるという所を知ることが大事です。

 - コラム

  関連記事

no image
第二新卒だからこそ、ビジネス感覚をアピールせよ

第二新卒だから悪いわけではない  就職活動をしていると、何も知らない就職活動をし …

no image
履歴書は必ず力を入れて丁寧に

あまり書くことがなくても  高卒での就職活動となると、あまり履歴書に記入すること …

no image
中卒で就職を目指す場合のポイント

学歴を問わない職種  中卒で就職を目指す場合には、学歴を問わない企業への応募をす …

no image
高卒で就職活動をする場合は応募条件をよく読む

求人広告を閲覧する際は隅々まで目を通す  就職活動の選考において、一般的な企業で …